サンデーロースト第2弾!チキン丸焼き

ローストポークに引き続き、今週末のサンデーローストはチキンを丸ごと1羽オーブンで焼いちゃいます!

中に詰めたのはワイルドライスミックスを玉ねぎとレーズンと炒めたレーズンライス。レーズンの甘酸っぱさがちょっぴりアクセントとなっていい感じでした。

丸ごとチキンを切り分けるのってなんだかクリスマスみたいで楽しい!

もも、手羽、胸肉とあらかた食べ終わったら、残りは水とお鍋に入れてダシをとります。こうすれば骨も無駄にならず、スープやリゾットに2度おいしい♪下味はしっかり目につけて、じっくり馴染ませるのがコツです。

丸鶏を買うときはなるべく自然農法で育ったものを選ぶようにしています。本当はいつもそうしたほうがいいんでしょうが・・・人間の健康にも鶏の健康にも。

特にローストチキンにしたときは、身離れが良くて切り分けが楽です。これはどうしてなんでしょうね?やっぱり運動量なのか餌によるものなのか・・・理由はわからないけど、違いは良くわかります。

それで地鶏について調べていたら、あわおどり(阿波尾鶏)という面白い名前の鶏を見つけました。阿波尾鶏(徳島県産)-楽天市場

のびのび育った地鶏でローストチキンを作ったらおいしいだろうなぁ・・・

レシピ

材料

  • 丸鶏…1羽(約2kg)
  • ワイルドライスミックス…150g
  • 玉ねぎ…1/2
  • レーズン…50g
  • タイム…少々
  • セージ…少々
  • ローズマリー…少々
  • オリーブオイル…適量
  • 塩・コショウ…適量

作り方

  1. 鶏肉は内臓が付いていれば取り除き、内側と外側に塩・コショウ、ハーブ類をよくすりこみ、ビニール袋に入れて半日〜一晩冷蔵庫に寝かせる
  2. 鶏肉を冷蔵庫から取り出して常温に戻す
  3. ワイルドライスミックスを倍量の水でゆでる(15〜20分くらい)
  4. みじん切りにした玉ねぎを炒め、そこに水を切ったワイルドライスとレーズンを加えて軽く塩コショウする
  5. オーブンを160℃に予熱。天板に水を張っておく
  6. レーズンライスを鶏のお腹に詰めて、詰め口を楊枝でとめたらオリーブオイルを全体にぬる
  7. 胸を上にして耐熱皿に乗せ、アルミホイルでおおってオーブンで約1時間焼く
  8. アルミをとり、鶏をひっくり返してさらに1時間ほど焼く
  9. もう1度ひっくり返して、230℃で10分グリルして焼目をつけてできあがり

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中